認印は公的な場でも使われる

印鑑イメージ

お仕事をしている人にとっては、印鑑というのは重要なアイテムですよね。

就職したら印鑑は必需品ですから、ぜひそろえておきたいアイテムなんですが、みなさんはこの印鑑、どんなものをお使いですか?

お仕事をしていると、なにかと印鑑を必要としますよね。特に認印です。
認印は一般的にもよく使われていますが、公的な場でも非常によく使われるものです。

この認印というものは、まあ、だいたいの人はディスカウントショップなどや文具屋さんに、名前ごとに置いてある、いわゆる「三文判」を使っている人が多いと聞きます。

また、多く使われているのが「シャチハタ」ですね。シャチハタは朱肉がいらないのでとても便利なんですよね。

シャチハタというのは正確には会社名なんですよね。
そこで作っているスタンプをシャチハタ印といいますが、ゴムでできたハンコにインクが自動的についてハンコが押せる、いわゆる自動式のハンコのことです。

正確には「Xスタンパー」という名前があるのを知っていますか?
でも、この名前よりも会社名の方が有名になってしまったので、このタイプのハンコは全て「シャチハタ」で通ってしまうんです。

公式な書類に認印などを押す時に『シャチハタ禁止』と言われていることが多いですが、正確に言えば『シャチハタの自動式のハンコは禁止』ということになるんです。

会社に名前を禁止にされているようなものですよね。
印鑑とは違って朱肉がなくても、ポンポン押すことができるので、自宅や職場でも使っている人は本当に多いですよね。

さっき言ったように公的な書類やシャチハタ禁止というものには使用できませんが、シャチハタと認印と上手く使い分けできるといいですよ。

~ 注目WEBサイト ~

〔こだわりの住まいを彩るスタイリッシュな表札〕

暮らしをデザインする表札の専門店 表札館

耐久性に優れたクールなステンレス、和の空間を演出する和グラスサインなど バリエーション豊かな表札を多数そろえています。
オフィス・事務所看板、マンション看板といったさまざまな用途で使用でき、住まいの雰囲気に合わせた表札が見つかります。

ページの先頭へ